寺ガール 独り立ちモノガタリ

由緒正しい関西のお寺の長女. 後継は弟に任せ、1人、東京で奮闘しております.

【傾聴力】ポニョをみて

FROM 阿頼耶識

 

<もくじ>

 

 

友達

 

一般的に想像される

「本音を吐露できる人」

「よく遊びに行く人」

「なんでも共有しあえる人」

という存在は私にはいない。

 

一生に数回しか会わずとも

何も言葉を交わさずとも

心が通じあえば

それは、私にとって “友達”

 

そして私は彼らを“魂フレンド”と呼ぶ。

 

まだ22歳だが私には

そんな“魂フレンド”が何人もいる。

幸せだ。

 

数日前、魂フレンドの一人がうちに来た。

エネルギッシュで破天荒な彼女は

登り龍の化身のようだ🐉

 

ふと、聞いた

🐅『ジブリ好きやねん。何見る?』

🐉「あ、私“ポニョ”めっちゃ好きっす!」

  「ポニョみたいな生き方したいんすよね!!」

🐅『見たことないわぁ。どんな生き方?』

🐉「好きなもののために、なりふり構わず全力な生き方。

  めちゃくちゃ憧れるんすよね〜」

 

早速、見てみた。

 

 

崖の上のポニョ

 

f:id:aikaluvgarden25:20180705172422j:plain

 

www.ghibli.jp

 

ジブリ

好きすぎて月に2回は見ていたが

そういえば最近見てなかった。

お久しぶり。

 

www.ghibli.jp

 

 

どんなに混沌とした世界であろうと

少年の目には美しく映っている。

 

終始号泣

 

何に泣いているのか自分でも分からない。

 

魂が、感動していた。

 

美しかった。

 

そこには

愛があった。

 

そう、愛。

 

愛は誰の心にもある。

 

 

命の数だけ愛がある

 

なんて美しいんだろう

 

そう、

 

 

宮崎駿氏は宝だ

守るべき人類だ

 

愛をありがとう

 

 

傾聴力

宮崎駿

彼は本物だ。

 

映画に表現される世界

 

見たことも考えたこともないのに

既視感がある。

なぜか、知っている。

なぜか、懐かしくなる。

 

awaken

 

私の内側が

動き出す。

 

 

そう、彼はきっと

真理の声を聞く

『傾聴力』が本物なのだ。

 

自分の内側に眠る真理と対面し

耳を澄ませ

声なき声を聴き取っている。

 

並大抵の人間にできる所業ではない。

相当研ぎ澄まされている。

その精度ゆえ人間界が辛いこともあろう。

 

それでもなお、

人間に発信する、彼。

 

そうか

 

私の魂の感動

私の涙は

彼の魂と繋がったから起こった事象なのか。

 

 

魂は

魂と

繋がる

 

傾聴力

 

魂は真理を知っている

 

彼を見習い、

耳を澄まして

自分の魂と向き合って

私も、人の魂をawakenする

そんな作品を世に出したい。

 

人類みな『地球クリエイター』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【許し】FORGIVENESS

FORGIVENES

 

許す

 

ameblo.jp

 

知人のこの記事を読んだときは

“許す”の意味がわからんかったんやけど

 

昨日、人生で初めて“許す”を体感できたんよね。

 

精神的にも物理的にも

とても、温かい事象だったので

ぜひ、みんなに感じて欲しいなぁ~☺️

 

 

もう、今、思うままに書いてみます。

前後とかなく、“許し”の体験だけ、取り急ぎ。

感覚が残っているうちに。

 

 

 

セッション後半

自己開示をした。

 

「トラウマは?」

 

答えることは毎回一緒。

 

『15歳で母を亡くしたことです。

 それ以来、ガラッと性格変わりました。』

 

『小3ぐらいの時、離婚した父と音信不通になって以来

 母とは常に険悪な仲でした。

 自分に、みんなににはいるはずの父親がいないのは母のせいだと思っていたので。』

 

『口を開けば喧嘩。時には暴力も。

 母との最期の会話も喧嘩でした。』

 

『ある日突然亡くなった母。

 その日以来、“私が母を殺したんだ”と思い続けています。』

 

「あと…なんか“責任感”みたいなのを感じる。なんだろう。」

 

『…弟のことかな?

 母が病気になって以降、私がこの子を守らなきゃ

 私が弟の代わりに

 この家を守らなきゃって思っていたかも。

 のほほんとした子だから余計に。』

 

 

「もう、頑張らなくていいよ」

 

 

涙が溢れた

 

 

 

今まで何度だって自己開示をしたことはある。

 

「それは、あいかのせいじゃないよ」

「お母さんのことは仕方のないことだったんだよ」

 

誰に言われても、腹落ちしなかったのに

彼女の言葉は

深く私の心に届いた。

 

とても、温かかった。

 

『あ、私、頑張ってたんだ』

『もう、大丈夫なんだ』

 

今までにない感覚

 

温かく・やわらかなエネルギーに包まれて帰宅

 

 

 

寝る前に、もう一度

自分と向き合ってみた。

 

 

 

 

 

色々と考えるうちに

勝手に口から言葉が溢れる。

 

 

 

『ありがとう』

『ありがとう』

 

すると、何かが降りてきたのが分かった

 

「あいかが大切」

 

口からこぼれた

 

そう、お母さんだった。

 

「あいか愛してる」

 

『お母さん、あいかもお母さんが大切』

『ごめんね』

『ごめんね』

 

「あいかのせいじゃない」

「あいかの生きたいように生きて」

「あいかの、生きたいように 生きて」

 

『お母さん…大好き』

『ありがとう』

『大好き』

 

 

背中から全身が温まるのが分かる。

 

“許す”ってこういうことか。

 

自分自身を“許す”

 

胸につっかえていた何かが軽くなった。

 

 

何か、トラウマを抱えている人

自責の念を負っている人

 

一度、考えてみて欲しい。

その感情は真?誰のためのもの?

 

足を引っ張る要因になっているのであれば

“許し”を与えなきゃだね。

 

 

 

愛のある世界のために

許しあう。受け入れ合う。

 

大事な一歩を進んだ気がした昨日でしたとさ。

 

 

f:id:aikaluvgarden25:20180407081312j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Ambition】Save our beautiful earth🌍

今日は私の想いを語る

 

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516054105j:plain

 

我らが地球

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516054120j:plain

f:id:aikaluvgarden25:20180516054117j:plain

美しい

 

愛おしい

 

地球

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516054102j:plain

 

たくさんの命

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516054215j:plain

 

生命の星

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516054059j:plain

 

その生命を支える

 

植物

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516054111j:plain

 

みんな

 

生きている

 

 

 

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516054108j:plain

 

 

グロい?

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516060713j:plain

f:id:aikaluvgarden25:20180516060716j:plain

f:id:aikaluvgarden25:20180516060719j:plain

人間だって

同じこと

 

いや

 

それ以上

グロいことを

やってるんだよ

 

  • 狭苦しい場所に閉じ込められて
  • 子供が残せない体にさせられて
  • 麻酔もなく体を切断されて
  • 役に立たないと勝手に判断されて殺される

 

『私たちって“生き物”だよね?モノじゃないよね?』

f:id:aikaluvgarden25:20180516061442j:plain

 

植物も一緒

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516061534j:plain

f:id:aikaluvgarden25:20180516061541j:plain

 

実の肥大のため

収量増加のため

人間のエゴのため

 

子孫の残せないカラダに変えられる。

 

味のしない野菜

生きているようで

死んでいる野菜

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516061717j:plain

 

『私たちだって生きている』

 

愛のない人間

自分勝手な人間

 

みんな同じ“生き物”なのに。

 

 

人間のための地球じゃない

 

みんなの地球

 

 

みんなの、地球

 

 

 

わかる人が動くしかない

 

わかる人が動かないと

 

世界は変わらない。

 

私は本気。

 

命をかけて

この使命を全うする。

 

みんなのために

地球のために

 

 

 

 

 

LOVE

 

f:id:aikaluvgarden25:20180516054127j:plain

【メンタル強化】マンバメンタリティ

FROM 現実

 

この1ヶ月

やってることの紹介。

 

<もくじ>

 

マンバメンタリティとは

NBA史上最高の選手の1人であるということとは別に、コービー・ブライアントは「ブラック・マンバ」というニックネームでも知られ、そのマインドセットは「マンバメンタリティ」と呼ばれている。

 

nba-circle.blog.jp

 

tunadrama.com

 

最強の男を最強たらしめたマインドセット

それが『マンバメンタリティ』

 

そして、コービーがファンに対して突きつけた挑戦状が

「朝4時起き」

 

 

コービー自身、自分の意思を強くするため

毎朝4時に起きているそう。

 

朝4時に目覚ましが鳴ると、

このアラームを止めてもう少し寝てしまおうか、と考えますよね。

 

その甘えを拭い去って体を起こすことで

自分に打ち勝つことができるらしいです。

 

 

 

ということで、

私も1ヶ月実践してます。

 

 

4時起きライフ

もともと朝型だから

ハードルは低かった。

 

始めてみると

とても有意義だ。

 

  • 静かな早朝に作業ができ効率が上がる
  • 午後の時間を有意義に過ごせる
  • 睡眠の質が向上

 

時間ができたついでに

運動も再開したので

心身ともにとても調子がいい。

 

どうせ同じ長さ睡眠で費やすなら

朝起きてる時間が長い方が

ヘルシーに暮らせる。

 

やってみることをオススメする。

 

f:id:aikaluvgarden25:20180415082642j:plain

 

 

寺ガール、出家を決意

FROM 阿頼耶識

 

ここ最近あらゆるリズムが崩れている。

 

危ないね。

 

この週末で整えよう。

 

<もくじ>

 

 

寺“ガール”

ブログの題名にもある通り

私はお寺の子。

 

aikaluvgarden25.hatenablog.com

 こんな家。

 

家を継ぐのは

男の子。

 

つまり、弟。

 

例外もあるとはいえ

弟が生まれた瞬間から

私は

家を出なければいけないことが決まっていた。

 

女の子で生まれついた、宿命だ。

 

だから、私は

安心して

仏教以外の道を歩むことができた。

 

むしろ、安心し過ぎていたのだろう。

仏教を本気で学ぼうとしてこなかった。

 

“ガール”であることに甘んじていた。

 

 

哲学・仏教

昨日のことだ。

 

気の置けない友人であり親戚の紹介で

築地本願寺主催の

フランクな講義に行ってきた。

 

なんでも

講師の方を会わせたかったらしい。

 

紹介者である彼もまたお寺の子で

得度(=出家)を済ませた、プロだ。

 

 

 

 

 

寺ガールでありながら

このような講義に自ら赴くことは初めてで

いい緊張感があった。

 

参加者は30名ほど。

私たち以外全員中高年。

若者は一体どこで何をしているのか。

 

 

講義は前半が一般人にも分かりやすく噛み砕いた内容で

後半が少し専門的な内容。

 

始まるやいなや

講師の方の世界観に引き込まれた。

 

「あ、この人同じところから見てる」

 

精神世界の、見ている視座のレベルが同調した。

 

 

最初の1時間

彼の世界観が爆発していた。

 

高く、静かな世界。

深いブルーの中に光が満ちた世界。

 

「なんと美しい」

 

心が躍った。

 

私の見ている世界

 

それでいて

私の中の霧を払拭し

新たな深みに連れ出してくれる

美しい言葉たち。

 

『業』

『言語道断』

『忘我の境地』

『無明・渇愛

『等流の聞薫習』

『生死一如』

 

 

あっという間に前半が終了。

 

「…もっと!!」

 

この時点で得度の決心がついていた。

 

 

後半は『歎異抄』を用いて世の真理に迫る内容。

歎異抄 - Wikipedia

 

ここでもまた

美しい言葉と出会った。

 

『摂取不捨』

『慈悲』

『煩悩』

 

実に美しい言葉であった。

 

“言葉”というのは

不完全な“人間”が生み出した

不完全な“ツール”で、

表現できる幅がとても狭い。

 

にも関わらず

2500年前に書かれた経典には

この世の真理を捉えた

美しい“言葉”が羅列している。

 

 

私の直近の課題は“言語化”

 

「これだ」

 

考える間も無く

そう、思った。

 

私の思想・世界観

地球を救うなら

まず、それを人間に伝えなければならない

 

その修行の場が

ここにはありそうだ。

 

 

というわけで

私、出雲路あいか

得度します。

 

浄土真宗の得度は

2週間、娑婆世界から幽閉され、行われる。

 

 

新たな世界を開くための

ステップがそこにはある

 

そう信じて、向かう。

f:id:aikaluvgarden25:20180414135332j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【地球を救う】THIS IS MY LIFE

FROM 工学院

 

今最強にパワーが溢れています。

 

先週月曜に降りて来てくれた

私の守護霊さんに感謝。

 

パワー欲しい人

会いに来てください。

今の私、歩くパワースポットです。

 

<もくじ>

 

きっかけ①

あれは今年の初めだったか。

 

とあるベンチャー学習塾の人事の方と話した時だ。

 

植物のために生きてます」

「自分のやりたいことのためには組織を勉強しなきゃいけないと思って」

「それをWAFUKUでやってます」

 

『なんで植物やらないの?』

 

「…そうなんすよね」

 

『そんだけ想いがあるなら直進しろよ』

『勿体なさすぎる。頭悪いね。あなた、くそ。』

 

「…確かに」

 

 

きっかけ②

先週のことだ。

 

WAFUKUの話をしに会いに行ったお二方。

 

『それ、本当にやりたいことですか?』

 

「いや、違います。」

「WAFUKUは手段で、本当は植物です。」

 

『なにそれ!!おもしろい!もっと聞かせて!』

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

『今すぐそれやりなよ!』

『好きなことしかしちゃダメだよ!』

『せっかくそんな想いがあるんだから!勿体無い!』

 

こんなにも自分のビジョンを受け入れられたの初めてだ。

やばい、めっちゃ楽しい

 

 

 

きっかけ③

3年来の心友の紹介で会った

留学に興味のある中学生と彼女の母親。

 

『ほんと!素敵なビジョンですね!絶対叶えてね!!』

『いや、叶えてる画しか見えないわ!』

 

そうか

私の夢は

誰かの夢にもなるんだ。

 

責任感。

 

地球のためにも

植物のためにも

彼女たちのためにも

ちゃんと、やりきろう。

 

 

 

私ができること

ランキング

  1. やりたいこと
  2. 好きなこと
  3. 得意なこと
  4. 必要だと納得したこと

 

ごめんなさい。

私、この4つしかできません。

 

やりたいことが

どかーーーーーーーーーん

とある私。

 

誰にでも、あるわけじゃない。

 

これは天命なの。

 

やり遂げなきゃいけないの。

 

地球を愛してる。

愛してるの。

 

やり遂げさせていただきます。

 

寄り道なんてしてる暇ないわ。

 

いままでごめんね、地球。

見守ってくれてたのね。

何千年と。

 

2018年4月11日

私、気づいたわ。

 

今まで、待たせててごめんね。

 

あなたの元に帰るわ。

 

 

 

 

次回

出雲路あいか“植物人間”に、なる。

 

f:id:aikaluvgarden25:20180411155153j:plain

To be continue...

 

 

 

 

 

 

 

2020年 日本が世界を迎え入れるために必要なたった1つのこと

FROM  Racines FARM to PARK

 

今回は平昌報告会も終わり

そこで感じた

2020に向けての問題点について。

 

<もくじ>

 

 

オリンピックとは

オリンピックは4年に一度開催される世界的なスポーツの祭典です。スポーツを通した人間育成と世界平和を究極の目的とし、夏季大会と冬季大会を行っています。
2012年にはロンドンで記念すべき第30回オリンピック競技大会が開催され、世界204の国・地域から選手が参加し26競技302種目が実施されました。

 

オリンピックとは|オリンピック情報|2020年大会開催準備|東京都オリンピック・パラリンピック準備局


らしいです。

 

実際に行ってみて、

スポーツが世界平和のきっかけに、なってる!!!!

 

その現場を目の当たりにし

様々なインスピレーションが湧きました。

 

 

特にインスピレーションを感じたのが

オリンピック開催地・パーク内のグローバル度合いを見たとき🌎

 

韓国の平昌・江陵はリゾート地なので

本来ならば今はオフシーズン。

それがオリンピック効果で駅からパークまで

世界中の観光客&ボランティアで埋め尽くされます。

 

日が経つにつれ観光客は増加し

オリンピック3日目からはインフラ・宿泊施設の人手が足りなくなる。

 

世界中いろんなところから人がくるので

(冬季なので北半球の方がほとんどでしたが)

韓国にいるのに、英語が必須。

 

普段ここに住んでいる人から見たら

この期間は異次元なんだろうなぁ。

 

そんな異次元で得たインスピレーションとは?

 

 

世界と繋がる

日本にいて、日本語話してると

忘れてしまいますが

世界ってめっちゃ広い。

 

日本の他にも

195ものがあって

7000近くの言語が存在し

75億人が生きている

 

 

世界って、

あるんですよ

ちゃんと。

 

平昌オリンピックでは

“あ、世界って広いんだ”

という衝撃を

留学と同じレベルで感じました。

 

ただ、留学とは違う点が1つ。

今回は、周りに日本人がいたというコト。

 

インスピレーションはそこから湧きました。

 

 

日本人って

ほんと、集団に強い

反面、個が弱い

 

例えば

一人だと外国人に自ら積極的に話しかけられないけれど

周りに仲間がいたら超アグレッシブ。

知ってる単語でなんとか想いを伝えようとするし

自国の文化バンバン発信できるし。

 

 

 

留学してた時は

こんなTHE日本人に辟易していました、正直。

 

“一人じゃなんもできねぇのかよ”って。

 

でも、それが平昌では新たなるインスピレーションに。

 

むしろ、長所なんじゃね!?

 

誰かと一緒なら、

なんでもできちゃう日本人。

 

世界30カ国以上に友人がいる私ですが

こんな人種、他に知らない。

 

 

外国人の苦痛

日本にも外国人の友人がたくさんいて

よくご飯に行ったりします。

 

彼らが日本にいて辛いことを聞くと

 

ベジタリアン向けの食べ物が見つからない

・英語が伝わらない

・英語表記が少ない

 

など、様々な問題点が顕在化します。

 

でも、一番よく聞くのは

みんなが口を揃えていうのは

 

そもそも

コミュニケーションを取ってくれない

 

ということ。

 

“英語のレベル”以前の問題。

 

それによって彼らは

常に疎外感を感じ

精神的苦痛に苦しめられているのです。

 

こんな状態のまま

2020年を迎えられるのでしょうか?

 

 

 

 

そう、

『日本が世界を迎え入れるために必要なたった1つのこと』

は、コミュニケーション能力

国籍・人種を超えて

自ら発信する力

 

 

胸に手を当てて思い返してみてください。

 

地図を見ながら立ち止まっている旅行客を素通りした経験、無いですか?

留学生に話そうにも話しかけれなかった経験、無いですか?

「どうせ話せないから」と諦めて近寄ろうともしない、なんてこと、ないですか?

 

その1つ1つの行動が

彼らを苦しめているのです。

 

そんな状態で

日本は世界を迎えれらるのでしょうか。

 

 

というわけで

次項に日本のパワーを最大化する

 解決策を提案させていただきます😊

 

 

和旅 

何も、「国民全員、英会話を学び直せー!!」

なんて無茶は言いません。

 

だし、私の性格上

楽しいことしか継続できない

ので、日本の皆さんにも

楽しんでもらうことが大前提です。

 

 

先ほども述べましたが

日本人は概して

個が弱く、集団に強い

 

つまり、日本人は

グループが好きなんです。

グループでの行動が楽しいんです。

だから、強みになっているんです。

 

だったら

グループで行動しながら

自分から発信する術を身につけられたら

最高じゃない?』

 

 

それが、私たちの考えた

 

和旅 です。

 

f:id:aikaluvgarden25:20180410084743j:plain

 

 

 

日本人と外国人が少人数のグループになって

アテンド側の考えた

自分の“好き”が伝えられるツアーを一緒に回る。

 

オタクなら、

聖地巡礼しながら移動中は好きなアニメ上映会

とか

 

スキルがある若者なら

自分の作ったものの名産地巡りをして

最後に自分の工房に来てもらう

とか

 

なんでもOK!

 

条件はただ1つ

“好き”を伝えること

 

自分の“好き” を目の前の相手に

全力で伝える経験を通して

 

対外国人コミュ力が

必然的にスキルアップしている

 

という施策。

 

 

めっちゃ面白そう!!!!

 

私なら、料理のことめっちゃ語りたいかな〜!

 

弟はアニオタだから

飛騨高山『君の名は』ツアーとか?!

 

寺社仏閣ツアー by 僧侶

とかめっちゃ奥深そう!!

 

などなど

 

どう?

最高に楽しそうじゃない!?

 

興味湧いたー!

という方、連絡くれたら会いに行きます😊